オーラパールは発泡剤入り?泡立ちの悪さの原因とは?

オーラパールと発泡剤について

 

ホワイトニング専用歯磨き粉“薬用オーラパール”

 

 

実は使用者の口コミの中には“泡立ちが少ない”という意見がチラホラ見られます。

 

 

泡立ちが少ないときちんと磨けているのか不安だったり、いつもより多く量を使ってしまったりしますよね。

 

 

今回は、そんなオーラパールの泡立ちについての悩みについて調べてみました。

 

 

発泡剤は入っているが量は少ない

 

オーラパールに使用されている成分の中に、“発泡剤”という成分があります。

 

 

発泡剤をいれる理由は諸説ありますが、一番多い理由の一つに“磨いている感じを使用者に持たせるため”というものがあります。

 

 

確かに、泡立つ歯磨き粉たどなんだかキチンと磨けているような感じになりますもんね!そんな理由があったとは・・・。

 

 

そこで、オーラパールの発泡剤について調べてみると、使用されている成分は“ラウロイルメチルタウリンNa”という成分であることがわかりました。

 

 

全く聞いたことのない成分だったので、さらに調べてみると実は名前の雰囲気とは逆に人体には一切悪い影響のない、低刺激なアミノ酸だということが分かりました。

 

 

アレルギー報告なども一切無い成分なのでそうです。

 

 

やはり高級歯磨き粉なだけあり、成分の安全性にはこだわって作られていることが分かりますね。

 

 

そんな発泡剤の量もかなり抑えて配合されている

 

オーラパールの泡立ちがあまり大きくないのは、この発泡剤の含有量に原因があるようで、わざと少なく配合することで使った人が磨き残しが無いように意識できるように作られている、ということのようです。

 

 

確かに泡立ちが少ないといつもよりしっかり磨いてしまいますもんね・・・。

 

 

泡立ちが少なくても、心配する必要は一切ないことが分かりました。

 

オーラパールに関する口コミはコチラから

page top